×
国を選択してください

活動基準原価計算 (ABC; Activity Based Costing)

活動基準原価計算 (ABC; Activity-based costing) とは、 各種間接コストやオーバーヘッドコスト等の費用を、より正確にそれらの費用を活用する事項に配賦するために用いられる、原価計算手法です。このABC原価計算手法においては、消費されたリソースによる活動とそれに続いて行われる活動に基づいて、費用を製品、サービス及びプロジェクトに割り当てることによりそのより正確な配賦を実現します。


ABCは、製品、顧客、生産及びプロセスの結果としてのコストと収益性の複雑な関係性を理解する上で、企業にとって効果的な手法です。間接費をこうした活動に割り当てることで、余分なオーバーヘッドや不採算製品を削減したり、非効率なプロセスを特定したり、価格を下げることなどにABCが活用されます。


特に製造業において生産や活動の複雑性と関連するコストが課題となるため、ABCはしばしば製造業において利用されます。


CCH Tagetikパフォーマンス管理ソフトウェアがどのように以下を実現するかを知る:

収益性分析