ホワイトペーパー


FSN

「数字」と「ナラティブ」を組み合わせることが次世代の情報開示管理で不可欠な理由


FSNのホワイトペーパーでは、統合前と統合後のフェーズ間の連携を取り戻すにはどのようなテクノロジサポートが必要になるかを解説しています。グループ企業のファイナンス・レポーティングにおいて、新たな視点を提示します。


作成者:FSNのマネージングエディタ、Gary Simon氏

はじめに

グループ企業の決算からレポーティングまでの流れを分断または補足せずに進行するには、連結の前と後のフェーズを関連付ける必要があります。数字とナラティブを密接にリンクするにはどのようなテクノロジが必要なのかを考察し、グループ企業のファイナンス・レポーティングに関する新たな視点を紹介します。


目次

  • 「従来」の決算
    • 定義
    • ファイナンス・プロセスで必要なドキュメントが増加
  • 従来の決算プロセスの問題点
    • 属人化された生産性ツール
    • 1世代の情報開示管理ツール
    • ERPベースのCPM(企業経営管理)スイート
    • ドキュメント管理に特化したツール
  • 次世代情報管理ツール
    • 丸め
    • XBRL情報開示
    • ワークフローとタスク管理
    • 経理/財務の専門知識が必要

このホワイトペーパーをダウンロードする: