資料


PWC

統合レポーティングを10分で解説

1つのアニュアルレポートを作成し、それにファイナンス・レポーティングとサステナビリティ報告書を統合しませんか?本書では、統合レポーティングについて詳しく解説します。

作成者:PwC


ダウンロード

要約


5年ほど前、American Electric PowerAEP)は驚くべき発見をしました。投資家は、アニュアルレポートに記載されているデータだけでなく、財務以外のビジネス情報も求めていたのです。そこでAEPは、ファイナンス・レポーティングとサステナビリティ報告書サステナビリティ報告書を1つのアニュアルレポートにまとめ、財務価値および非財務の価値、将来に向けた方向性を提示しました。現在、AEPはこのようなレポートを4種類作成しています。


その結果、さらなる発見もありました。統合レポーティングに併せて、ステークホルダとプロアクティブな関係性を構築することで、業務に変化が生まれたのです。たとえば、二酸化炭素捕獲/貯蔵プロジェクトの検討では、「商品化は消費者価格の上昇を招くのではないか」といった質問がステークホルダから出るようになりました。AEPサステナビリティ担当マネージングディレクタであるSandy Nessing氏は、「あらゆる側面を考慮したレポーティングを行うことにより、すべてを連携しまとめることができる」という実感を得ています。


投資家とステークホルダのニーズを両立し、統合レポーティングのメリットを実現したいお客様をTagetikはサポートします。

資料をダウンロードする: