デジタル時代のグローバルEPM/CPMのポイント - データを活用した予測経営管理の強化 -


デジタル時代に グローバルレベルでの意思決定をタイムリーに実施するための業務・システムの勘所について、デロイトトーマツコンサルティング合同会社 シニアマネージャーの若林 芳亮 氏からご講演いただきます。


ビデオを視聴する

概要

基幹システムだけでなくあらゆるモノがネットワーク接続されデータが蓄積できるデジタル時代では、経営管理も会計情報だけでなくあらゆるデータを蓄積・分析してフォーキャストし、意思決定を行う時代となります。本セミナーでは、従来の経営管理のPDCAサイクルから予測情報を取り込んだP-FDCA管理の業務モデルおよびシステムアーキテクチャと導入アプローチについてもご紹介します。

講師:

デロイトトーマツコンサルティング合同会社 シニアマネージャー 若林 芳亮 氏多岐にわたる業種における、大規模基幹システムの構想・導入・再構築プロジェクトを10年以上にわたりマネジメントをされていて、経営管理領域を中心に会計・サプライチェーン領域における業務プロセス改革も手掛けてこられました。近年では、大量データを分析して経営管理に活かすサービスに注力されています。

WEBセミナーのポイント:グローバルレベルでの意思決定をタイムリーに実施するための業務・システムの勘所

その他のビデオ