Sabrina Rosati

EVPマネージングディレクタ(イタリア)
ファイナンシャルサービス担当グローバルプラクティスリーダー


「お客様に価値を提供することがTagetikの推進力ですが、製品知識だけでは達成することはできません。Tagetikは、アプリケーションの設計から運用開始、さらには継続的なサポートサービスまで、プロジェクトの全フェーズをお客様と共に管理します。ファイナンス・インテリジェンス、豊富な経験を持つ実装スタッフ、ファイナンス・サービスに特化した業種別パッケージアプリケーションを活用することで、お客様にさらなる価値と満足度を迅速に提供します。」


Linkedin

経歴


Sabrina Rosatiは、イタリアを担当するマネージングディレクタです。Nicola Pieralliniと共にイタリア市場での販売/マーケティング戦略を監督し、コンサルティングチームと教育開発部門を率います。ファイナンシャルサービス市場を対象にTagetikが打ち出す戦略全体を担当しています。


1993年にTagetik入社後、法定財務諸表の主要プロジェクトを担当するコンサルタントとなります。2001年にバンキングおよびファイナンシャルサービスプラクティスの構築を担当し、バンキングおよびファイナンシャルサービスをTagetik最大の成長分野へと導きました。さらに、バンキングおよびファイナンシャルサービスに特化したパッケージアプリケーションの開発にも携わっています。Sabrinaとそのチームの働きにより、世界最大規模の銀行と保険会社がTagetikの財務経営管理プラットフォームを導入しています。